Story

私たちの歩みをまとめています。
ぜひ一緒に物語を紡いでいきましょう。

エピソード0 ~ReMind設立前夜~

退院した患者さんはどこへ?
ReMind代表の河合麻美です。
25年間、赤十字病院の理学療法士として不慮の事故や病気で心身が非自由になった方、高齢者や障がい者など多くの方々と関わってきました。長く続けてこれたのは、患者さんと治療を通して過ごすかけがえのない時間があたたかく素敵なものだったからです。

患者さんの一度しかない人生の大事な時間をより充実したものにしたいという想いが、より良い治療や学習の原動力になっていました。   
当初はベッドから動けない患者さんが、少しずつ起きて、立って…と同じ目標に向かって歩んでいく中で、勇気をもらうことも多々ありました。

「患者さん」と関わってきた一方で、救急車で運ばれる前や、退院した患者さんが地域の中で社会とのつながりが少なく、孤独に過ごす方々とも出会ってきました。そして、医療と地域の見えない壁を感じることもありました。

リハビリママ&パパの会勉強会(託児室付)

育児の壁…そして仲間たち
私は3回目の出産が双子で、なかなか外に出られず育児の壁にぶつかりました。「誰かと話したい!」と言う想いから、PTママの会(現リハビリママ&パパの会)を立ち上げました。

その活動から、たくさんの親御さんの育児の悩みや葛藤を聞く中で、母親は仕事との両立はもちろん、自身の産後の身体のケア、子どもの生活、成長や発達にも不安を抱えていることを知りました。

そのような経験を通して、子どもは親だけではなく、地域みんなで見守り、育てていけるような社会にしたいと思うようになったのです。

エピソード1 ~NPO法人設立~

はじめの一歩
これまでの患者さんとの関わりや自身の育児の壁、リハビリママ&パパの会での経験を通して、地域に住む誰もが入院前から退院後も何らかの形で、生活を支える仕組みができないかと考えるようになったのです。
それには、より密接に医療の現場と地域社会をつなげていく必要があると考えました。そこで病院を退職し、リハビリママ&パパの会で出逢った同じ想いを持つ仲間たちと共に、NPO設立という新たな一歩を踏み出しました。
設立に向けたクラウドファウンディングを実施。40日間で107名、目標額161%という予想を上回るご支援をいただき、2019年6月5日、NPO法人ReMindが設立されました。
6月17日には設立記念企画を開催し、医療福祉従事者の方、障がいがある方、老若男女、本当に多くの方に参加していただきました。

設立時の理事4名
設立記念企画@清水園様

エピソード2 ~順調な船出も、コロナの時代に~

タイトルとURLをコピーしました